JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2007

DIYホームセンターショウ2007に今年も行ってきました。

開催は、2007年8月23日(木)〜25日(土)。
23日はバイヤーズデイ、24日はバイヤーズと一般公開の両方。
25日は一般公開のみでした。会場は幕張メッセ国際展示場です。

正面入口は、去年のブルーから一転して落ち着いた色でまとめられていました。不思議なもので、これくらい普通に戻ってしまうと去年のブルーがなんだか捨てがたい気にもなっていまいます(^^;。


メインゲートの受付けカウンターの後ろの壁には
会場のマップやイベントのスケジュールが掲示されていました。
これの存在に私は後で気付いたのですが、他の方は分かったのでしょうか?
去年までは受付けカウンターが長大で奥には行けなかったような記憶があります
・・・と言いながら、去年の画像をあらためて見てみるとそうでもなくて、
カウンタの脇から奥にいけたようです。(^^;

 
サブゲートを紹介するのは初めてでしょうか、
左が駐車場に近いほうのサブカウンターです。
私は一番左の事前登録のところでチケットと交換しました。
(今年は事前予約者は入場無料でした。)
当日券売り場は画面に入っていませんが、
少し離れたところに殺風景なボックスがあったように記憶しています。

右は展示会場の入口。
途中退場・再入場はチケットの半券で可能でした。

 
左は入場券。右端がまだ切り離されていない未使用品です(どうでもいい?)。

右は会場のMAP。
MAP初のカラーだと喜んでいたら、これがまたいろいろありまして・・・(^^;

このMAPはジャンル別に色と番号で分けてあるのですが、小間番号は今年も振ってあって、小間番号のMAPも別にあるのです。両者の番号の振り方は全然別になっています。
しかも一般入場者向けの小間番号MAPはパソコンで印刷したらしいモノクロでフォントも見づらくて探すのが大変。
さらに、DIYヒット商品の展示コーナーでは小間番号しか書いてないので、このカラーMAPは使えません。
それにこのMAPには通路が入っていないので、近くまでたどり着いても、またそこでうろうろするはめになります。

 広い会場なので案内も大変かと思いますが、住宅地にある町内の地図みたいに、その付近の案内図を置くとか、妙案はないものでしょうかねぇ。


 
◆ 会場の様子 その1 ◆
 


今年も全体のゾーニングが変更になって、
去年ともまた違っていました。

  

  

 


 
◆ 14.4Vの闘い ◆
 
私は松下の12ボルトインパクトドライバを使っていますが、永年の使用でバッテリの寿命が来たようです。
ついでに本体のスイッチも怪しくなってきたため、バッテリだけ買い換えるか、あるいは本体ごと買い足すか悩んでいました。

どうするか決めかねているうちに、さらに悩ませる事態?になってきました。

それは14.4ボルトのリチウムイオンバッテリの登場です。先陣を切った松下のインパクトドライバは、12Vニッケル水素バッテリの同容量のものよりハイパワーなのに200gも軽いのです。価格も12Vと同程度になってきたところまでは私もまだ互換性重視で12Vにしようと考えていました。

で、ここからがやっと本題です(^^;

ライバルのマキタ、日立も松下に続いて14.4Vリチウムイオンバッテリを使ったインパクトドライバを出し、さらに同じバッテリを使える、丸ノコ、ジグソー、ディスクグラインダーなど主要な工具をシリーズ化して来たのです。

(ボッシュもシリーズ化しているのですが、まだニッカドバッテリです。)

ここでは各メーカーがショーでも力を入れていた、
14.4Vリチウムイオンバッテリを使った工具の状況を比較してみます。

 
− 最初はマキタ −


マキタの14.4Vリチウムイオンバッテリシリーズ

バッテリ式で最も重宝するのはジグソーやディスクグラインダーでしょうか。
これらは工具のほうをこまめに動かすので、電源コードがあるとやりにくいですし、
コードが絡むと危険です。
また、私が欲しいと思っていたのは125mm径の丸ノコです。
2×材もこれで切れますし、少量の切断ならわざわざ電源コードを引っ張らなくてもすみます。

去年のショーのレポートでも紹介しましたが、
マキタは全長がかなり短いインパクトドライバを最初に出しています。
ただし初期の製品はバッテリの種類が違うようで、
見た目同じ形の14.4Vでも2種類あるので注意が必要です。
(バッテリ側面のカーブを描いたラインがブルーのものは互換性がないようで、
シルバーラインがこのシリーズ共通で使えるバッテリのようです。
インパクトドライバTD130Dは、互換性がないほうのブルーラインの製品がまだ市場にあるようですので、特売には注意が必要です。)

ボディの色は、いわゆるマキタカラー(ブルー)が基本で、
ドライバ類だけは白黒もあるようです。


125mm径の丸ノコ

グリップの位置が絶妙で、
持ったときの重量バランスが日立より格段に優れていると感じました。
ベースプレートはどのメーカーもアルミになっていて半ば標準になってきたようです。
電気式のほうもショップに列んでいるのはアルミベースばかりです。
(電気式はメタルベースもカタログにはあります)

刃の先端にLEDライトが内蔵されているのは日立と同じ。
スイッチを押すと点灯しますが、日立製はスイッチの安全レバーを押した時から点きます。
日立方式のほうが刃の位置を決めるのに優れているように思いました。


ブースのデザインはなかなかだと思いますがどうでしょうか。


ブースにはこの14.4Vシリーズのカタログが見あたりませんでしたが、
ホームセンターに7月版が置いてあって、これの表紙が同バッテリシリーズでした。

 
− 次は日立工機 −


日立工機の14.4Vリチウムイオンバッテリシリーズ

 

一方の日立工機も14.4Vリチウムイオンバッテリシリーズを大きくPRしていました。
こちらもジグソー、丸ノコ、ディスクグラインダなどが同じバッテリで共通に使えます。
バッテリ容量は3.0Ahで、マキタ、松下などと同じ。

インパクトドライバは、12V製品のほうはグリップの小指側が太かったのに対し、
14.4Vはそのままの形で14.4Vになったものと、逆に小指側が細くなっている改良版があります。
当然改良版のほうが持ちやすくなっていますし、この14.4Vシリーズは改良版のほうのバッテリを使っていますので、共通のバッテリで使い回したい方は要注意です。

 このあたりはマキタと同様、14.4Vリチウムイオンバッテリシリーズの商品企画に混乱が見られます。

ボディの色はインパクトのみ6色もあり、その他の製品はパープルのみのようです。(ランタンなどは黒)


これが日立の丸ノコ。2種類展示されていました。

どちらも刃径は125mm、アルミベースで刃の先端部にLEDライト付はマキタと同じ。
左が「コードレス丸ノコ」、右が「コードレスチップソーカッタ」となっています。でもどちらもチップソーが付属しています。

両者の違いは、「丸ノコ」のほうは角度切りが可能、「チップソーカッター」のほうは、角度固定(90゜)で集塵装置が接続可能という違いのようです。 

持ってみたとき、明らかにマキタと重量バランスが違っています。
グリップの位置を見るとマキタより刃からの距離が大きく、バッテリも刃から距離があります。後ろから押して切断するような印象です。
これではせっかくLEDライトがあるのに見えにくく、マキタの方が上からのぞき込みながら作業できそうで、この点はマキタに分があります。
LEDライトの点き初めは安全スイッチを押した時から点く日立がいいと思います。


ブースのカラーも14.4Vバッテリシリーズと共通でした

 抜けた向こうに赤のブースがあるので、写真のアングルが△だったようでm(__)m

日立のブースでは、大きなテーブルに14.4Vシリーズの代表?機種が置いてあって、
「どうぞさわってみてください」みたいになっていましたが、係の人がテーブルから引いていたせいか、なんだか妙に近寄りがたかった印象があります。
なので、そこの写真はありませんm(__)m

 

− ところでボッシュは −

  

  

ボッシュも14.4Vバッテリシリーズは早くから出していて、
ジグソーなどは3年くらい前に出ていたと思います。
今回のショーでも14.4Vシリーズはメインの展示になっていました。

ただし、まだニッカドなので容量は1.5Ah程度にとどまっています。
逆に、インパクトドライバなどは2万円くらいで買えますから、
バッテリ容量が気にならない人はお買い得かもしれません。

私にとっては、ジグソーとインパクトドライバは、グリップが太すぎて疲れます。
丸ノコは持ってみた感じでは重量バランスは悪くないと思います。

ボッシュもプロ用の一部の製品にリチウムイオンバッテリを使っていますので、
いずれはリチウムイオンバッテリに置きかわっていくものと思います。

 

− 老舗の松下は −

このショーでは出店していませんのでネットでの情報のみです。

松下の14.4Vバッテリシリーズはわかりやすく、リチウムイオンバッテリのみで形状も1種類なので混乱はありません。

14.4Vシリーズは早くから出していて、ドライバ類はひととおりそろっています。
インパクトドライバはブラシレスモーターに電子スイッチと、他社より一歩先を行く仕様になっています。

バッテリの形状で他社と大きく異なる点は、<平べったい>ことです。
インパクトドライバ(上の写真)は<立った>状態が見た目にも安定が良さそうですし、ライトなども同様です。
今度発売になったハンマードリルなどは、この製品のためにバッテリを平たくしたのかと思いたくなるほどデザインピッタリです。

同じバッテリを使える他の工具の製品化は、あまり積極的でないように見受けられましたが、
日立・マキタが相次いで攻勢をかけてきたのを見てか、今月はハンマードリルが新発売になっています。
丸ノコなどが発売されるのも時間の問題かと思われます。


 
◆ その他のブース ◆
 
  
リョービのブースと実演

リョービも14.4Vリチウムイオンバッテリを使ったインパクトドライバを出しています。
バッテリ容量が3.0Ah、2.5Ah、1.5Ahの3種類の製品があって、
本体も微妙に違っていそうなところが悩ましいところです。
1.5Ahのバッテリだと価格が安くなるので私はこちらを選びたくなります。
実際、今使っているものも1.7Ahなので、
インパクトの個人使用では3.0Ah2個は贅沢過ぎる気もします。
これが丸ノコになると3.0Ahの良さが実感できるかなとも思うのですが・・・

 右の写真は3.6Vのリチウムイオンバッテリを使ったバリカンの実演です。3.6Vのバッテリは他にも小型ドライバなどで各社採用しています。

 

  
再び日立工機

リョービやマキタもそうですが、
このところ園芸用のヘッジトリマ(園芸用バリカン)などの
展示スペースが広くなっています。
割と安全なためでしょうか、
団塊の世代が自分で刈り込みをするブームでも到来したのかも知れません。

かくいうσ(^^;)もこの夏、これを買ってしまいました。
きれいに刈り込めますし、とにかく楽です。これだから筋肉は衰えるばかり・・・

 

   
ボッシュとブラックアンドデッカーはいずれもクイズ形式で景品のプレゼント。

 

   
SHINKOの卓上ボール盤などは愛用者も多く、価格も安いので好評です。

 

※今年の写真は暗めが多いのですが、
シャッター速度を速くしたのが原因のようですm(__)m

 

 
  

  
八幡ネジは今年もすばらしいデザインでした。

右下はシンプソンの<ストロングブラック>という金物です。
シルバーより肉厚でかなり頑丈です。
価格もそれなりになると思いますが、
手すり部分など強度が必要な箇所に使いたいパーツです。

 

   
ベッセルのブース

ベッセルのブースではクッションビットなどを展示していました。
私はトーションビットとスレンダービットを使っていますが、クッションビットはまだ。
クッションビットはドライバ側のビット受けのところの<遊び>があるために、
長いビットの先端が弧を描くのを防ぐためとか。
確かに私のドリルドライバはそうなるような気がします。
今度使ってみようと思います。

 

  
メーカー名を忘れてしまいましたがm(__)m、グリップの先端が平たくなっている回し引き鋸(パッケージは引き回し鋸となっていました)です。
試しに石膏ボードを切ってみましたが、大変握りやすい印象でした。

 

  
ゼットソーはタックイン240という、折りたたみのこぎりを展示していました。

以前は210mmだけだったようですが、
新たに240mm(荒目のみ)が新登場しました。

定価\4484は安くはありませんが、太い枝を切っていると、
グリップが短いものや片手用では時間ばかりかかってしまって困るのです。
おまけに次の日筋肉痛だったりする(^^;ので、
グリップが両手で握れる長さのものを探していました。

競合製品では、Silkyのゴムボーイ荒目270mm
(\3910税別-このメーカーは未だに税込み表示なし)あたり。
グリップはSilkyのほうが長くて使いやすそうです。

 

  
DIYCITYのブース(左)と中空ウッドを使ったデッキ(右)

DIYCITYは伸縮式のはしごなどを実演していました。
はしごは、伸長時2.4mものが12千円くらいで格安でした。
3mものが欲しいと思う人も多いかと思いますし、実際ホームセンターで3mものを売っていますが、重すぎて私にはしんどいので、2.4mが現実的なサイズなのです。

中空ウッドはメーカー名を忘れましたm(__)mが、
中に角パイプが入った角材で組んだデッキを展示していました。

 

  
シンワのブース

大型アングル定規のデモを行っていました。
丸ノコを木材にあてる手前から定規にあてられるように
縦桟が手前に長く延びています。
この部分は以前の製品から改良されています。しかし高いなぁ・・・・

 

  
イレクターのヤザキ(矢崎工業)

駐輪用金物の展示販売はいくらだったのでしょうか?、売り切れでした。
右は、イレクター大賞の作品紹介。

 

  
TOP工業(左)はビット類、スパナ系工具の展示。
前回より展示スペースを広くしたのではないかと思います。

右はおなじみ藤原産業のブース。
このブースの周りは赤やパープル系のメーカーが多くて
デザイン的に「けんか」していました。

 

 
 
オーム電気とELPA(朝日電器)

2社が仲良く?列んでいます。デザインを統一したかのようにも見えるのですが、
オーム電器は正面からは通り抜けできなかったと思います。

ELPAはすっかりブランド名が定着してきました。
逆に社名を言える人のほうが少なくなってきたかも知れません。

 

 
ELPAの新製品?

E26のソケットにねじ込んで使うセンサーライトが展示されていました。
左は人感センサーだけの、人が来れば昼間でも点灯するもの。
右は明るさセンサー+人感センサーで、
暗いときに人が来たときだけ点灯するものです。

明るくても点くのは「何のため?」って思うかも知れませんが、
トイレにも使えますし、防犯にも役立ちます。
明るいときも点くほうは我が家でも使いたいのですが、
ほとんどの器具がカバー付で引掛シーリングなのでつきません。
シーリングソケットを使う方法もあるのですが、
天井面からかなり下ってくるため今ひとつ。

トイレの場合は白熱電球の単純な器具が多いですから、
その場合は用途ピッタリだと思います。


点灯するとこんな感じです。
まずトイレから使われていくのでしょうか・・・・

 

 
  
TOTOのブース

多機能便座がどんどんリモコンになっていきますが、
我が家はリモコンをつける壁がありません。
早いうちに固定式のものを買っておかないと、
リモコンを本体に固定するはめになりかねません(笑)。
さらに、リモコンは固定式のものとボタンのレイアウトが違うような同じような・・・
文字もちっちゃいし・・・
高齢者はいくつも覚えなくちゃならないので大変です。
公共トイレはJIS化されましたが、
家庭用はせめて大きな文字での表示とか、
操作方法の統一をしていただきたいものです。

 

  
ふくろ倶楽部(左)と三木金物の共同?ブース

ふくろ倶楽部とはユニークですが、
製品がものすごく高級そうで、DIY向けの価格ではなさそうです。

 

!! ギョギョギョ !!

  
そして、三木金物コーナーの入口にはとてつもないオブジェが・・・

最大幅は3mくらいあったと思います。
タカかワシか、いやそんなことはどうでも良くて、使っている材料を見てw(~〇~)w


頭の部分はノミ、足はドリルビット、羽はのこぎりの刃など、工具の刃がふんだんに使われています。

もうびっくりの作品?でした。

 


キヌカのキヌカ

去年のショーでは賞を独り占めにしましたが、
今年はメンテナンス用のサイズを出しています。
賞状より手前の製品はサンプル(2CC)とメンテガイド。
私もひとつもらってきました。

 

  
新潟三条の金物グループは共同の展示コーナーを設置(左)。
右は、とあるメーカー(ど忘れしましたm(__)m)の「左官職人の道具」展示

 

 
角利産業のブース。すばらしいデザインで目を引きます。
超高級大工道具を展示していましたが、
私が使うような普及品とは別世界のものばかりでした。

 

  
カンペハピオ(左)とアサヒペン(右)はお向かいさん同士で火花を散らしていました。

 

 
アサヒペンのブースでセメント補修材という新商品を見つけました。

  
我が家ではアルミフェンスの足元ががたついているので、
「がたつきを止める」、「流し込むだけ」など期待させる言葉が飛び込んできます。
とかくセメント系の材料は後始末で困るのですが、少々割高でも缶入りなら大丈夫。
カタログが欲しかったのですが、在庫切れのため入手できませんでした。

 

アサヒペンといえば、障子紙の張り替えでプラスチック障子紙を使いました。
日当たりの良い場所で2年たちましたが、日焼けはほとんど見られません。

 

   
とあるロープメーカーのブースでひもの結び方のサンプルがありました。
それぞれに全部名前が付いているのには驚きです。

 

 
◆ 会場の様子 その2 ◆
 
  

  
個性的なブースも増えてきました。右下は中国メーカーのブース。

  
左はインフォメーションセンター

 


会場の一番端にある、手作り広場(右)。その奥にステージがあります。

 

  
上の手作り広場とは正反対の端で、
NHKは「住まい自分流DIY」の番組を再現していました。

 

  
手作り広場のゲートをくぐったところに
チェーンソーカービングの作品が展示即売されていました。
(「手作り広場」の文字は見づらいですね)

  
その奥にはイルミネーションを飾り付けたログハウスが展示されていました。
上から見ると(右)工事中みたいに見えてしまいます。

  
さらに奥に進んで手作りコーナーです。
エンジのTシャツの人はスタッフです。


さらに奥ではイベントステージでチャリティオークションが行われていました。
手前の背中を向けている男性は清水國明さんです。

オークションにかけられている伸縮式はしごはDiyCityで売っていたものですが、これが6千円ですぐ2本売れてしまいました。
DiyCityのブース価格もかなり安いと思いますが、さらに安かったのですぐ売れたのは当然でしょうか。それにしてもみなさん価格をよく知っていますね。
私ももう少しのところで手を挙げそうになったのですが、当面使わないので思いとどまりました。
伸ばすと写真のように高さ2.4mに、縮めると脇に抱えられる長さになるので移動用にはピッタリです。

ところで、司会役で白い服を着た女性はお名前が分かりませんが、
すごく声がきれいでプロの司会者と思ってしまうのですが、DIYの知識も豊富なようで、清水さんとの会話からはどこかのDIYメーカーの方のようでもあり・・・一体どなたなのか謎です。

 

  
一番奥ではドゥーパが木造の小屋を展示していました。
ログハウスではないようです。

 

 
◆ 人と環境にやさしい商品 ◆


毎年展示されている《人と環境に優しい商品》のコーナーです。

今年は、このコーナーは撮影OKでした。
以下、気になった製品を紹介します。


ブイ・ラップ
(新日本陶業)

タイル内部に細かな気泡が入っている壁用タイル。軽い(12Kg/m2)、断熱効果があるなどの特徴があります。


ガラコウォッシャーエコ2000
(ソフト99コーポレーション)

容器にエコ容器を使ったもの。内側は再生プラスチックを使っていて、新品プラスチックの使用は30%になっているとのこと。


珪藻ドライ
(日本ホームプロダクツ)

珪藻土の床下調湿材です。床下の湿気を除去する効果があるようです。

珪藻土の自発呼吸作用は建物の寿命以上の長さだそうで、その後は屋上緑化剤としてリサイクル可能とのこと。


アーリーセーフ
(住化タケダ園芸)

ヤシ油を使ったアブラムシ・ハダニ・うどん粉病対策に有効な殺虫殺菌剤。

この製品は《有機栽培》可能な農薬登録をしているのでしょうか? これまで自然素材(のみ?)を使ったものでは殺虫剤といっているものはなかったように思います。


充電式草刈機
(マキタ)

25mlエンジン式と同程度のパワー。排気ガスが出ないのでその点はエコ。エンジン式に比べ、騒音と振動が少ないとのこと。

バッテリは、26ボルトのリチウムイオン。28.8ではないのが不思議です。松下の場合は3.6Vのユニットを直列に使っているようで、リチウムイオンは全てその整数倍になっているのですが、これは単独ライン?でのバッテリのようです。


水性タイプ塗料はがし剤
(カンペハピオ)

有害なジクロルメタンを使用しない、また、業界初の水性タイプであることが最大の特徴とのこと。


MBテクスサスガード
(日本パワーファスニング)

有害な六価クロムを含まなくてさびにくい表面処理をしたドリルネジ。
偶然にも先日買ったドリルネジがこれでした。ステンレスかと間違えたほど表面の色艶は高級感があります。

値段はユニクロ製品のざっと2倍でしたが、ビス類は使う本数が少ないので、少々高めでもさほど気になりません。


電動ベンチレーションシステム
(ボッシュ)

吸じんサンダーなどがセットになった吸じんシステム。確かに完成されている感じはするんですが、ジョイフル本田で約2万円で売っています。もう少し安くなってほしいですね
私は作業で吸じんしたことはありませんが、もしやるなら電気掃除機を使うのかなぁ、と思っているんですが・・・


電池式ガーデンセンサーライト
(アイリスオーヤマ)

人感センサー付きのガーデンライトですが、LEDを使用しているので、単一乾電池4本で約2年間もつということです。

電源の都合からも、足下灯専用といったところですが、配線不要なので、デッキには最適。防犯灯もいけそうです。


受験生ゆたんぽ
(タンゲ化学工業)

最近思い切り復活してきた湯たんぽです。上面が15度傾斜しているとか、指圧玉つきとかいろいろ工夫が入っています。

私はPCの前に座るときは、発泡ウレタンみたいな素材の靴形状のスリッパを履いています。こっちのほうは履いたまま歩けるので重宝しています。


キヌカ(メンテナンス用)
(日本キヌカ)

前回の金賞・審査委員会賞受賞製品。今回はメンテ用の小瓶が展示されていました。
米ぬかを原料にした塗料で、舐めても大丈夫だという製品。


アミドロジーシリーズ
(NBCハイネット)

前回の銀賞製品です。
この製品は、プレートの説明にはこれが何なのか書いてありません。名前から網戸のアミだと思うのですが、こういう説明文で「アレッ?」と思うものが他社の製品にもひとつありました。(^^;

 

 
◆ 今回のget品 ◆
 
今回はあまりたくさん買ってきませんでした。
魅力あるものが少なかったこともありますが、
どのメーカーもたたき売りしなくなってきています。


シンワでは毎回掘り出し物がありますが、
今回はマグネット(両側)と水平器付メジャーを買ってきました。
3個で\500だったと思います。

 
苅込鋏です。去年も買ったのにまた買ってしまいました。(^^;
アルミの柄は好きではないんですが、今回のは太枝を切るために回転軸近くで刃が入江みたいに曲がっているものです。\1500。

 
プラスチック製スコップ類(左)1個\100と園芸用はさみ(右)\500。

 
吸水スポンジ(左)とアサヒペンのオリジナルバッグ
吸水スポンジは2個で\1000。布製の袋はどのメーカーもゲームなどに参加しないともらえないのですが、セメント補修剤のカタログ切れだったため?にもらえたもの。

 

 

今年は猛暑が続いていて、メッセも非常に暑かったです。
それにしても、メッセの駐車場は今では半分しか使っていません。
数年前は遅く行くと満車で入れないときもありました。
景気が上向いているとは言っても、かつての勢いを取り戻すまでにはまだまだ時間がかかりそうですね。

最後に、NHK「住まい自分流DIY」の収録風景でお別れします。

それでは、また来年(^^)/

 

【SH工房DIY館】    【DIYショーINDEXへ】