logo_m.gif


woodline01.gif

1998年(平成10年)夏

woodline01.gif
 

ガーデンベンチの製作
 

  • 「木工房」の取材で、ガーデンベンチを製作する機会を得ました。
  • このベンチは、芝の上などに置いて花を間近で見るために作ったものです。
  • コーヒーテーブルは不要かとも思ったのですが、あると意外と便利です。コーヒーカップだけでなく、園芸用品を置いたり、花を飾ったりすることもできます。
  • このセットは、ひとつひとつが扇形になっていて、内側が半径1.5mの円弧になっています。二つのベンチは全く同じ大きさで、同じ円弧上に並べたり、互いに向きを変えて置いたりと、組み合わせ方によって変化をつけることができます。
  • また、それぞれが一人で持てる重さであることも大きなメリットになり、自由な組み合わせで使うことができます。
「木工房No2」より

記事1

 

木工房紹介

このホームページが紹介されました。

「木工房 No.1」

誠文堂新光社  1998年7月10日発行

ガーデンベンチ製作記事が掲載されています。

「木工房 No.2」

誠文堂新光社 1998年10月1日発行

 

このホームページが紹介されました。

「木工房 No.3」

誠文堂新光社 1999年4月1日発行

 


取材風景

  • 取材当日は天候が不安定だったため、カーポートで撮影を行いました。
  • 編集長自ら取材に来られ、カメラアングルの指示を出したり、ある時はメモを取ったり、またあるときは横で材の端を押さえていただいたりもしました。
  • 最後には、カメラマンの方にも塗装を手伝っていただいたりと、取材の方のほうが大変だったくらいです。
  • 幸い、心配していた天候も崩れることなく、撮影は無事終了しました。

 

− 撮影風景 −

04.jpg

07.jpg

09.jpg

16.jpg

 
18.jpg

完成品を囲み、取材班と記念撮影。

朝早くからお疲れさまでした。

 


設計図(元図)

木工房に掲載された図面の原稿を紹介します。

これを描くときにつくづく感じたこと・・・「曲げなきゃ良かった」

掲載されたイラストと比較してみて下さい。
 

展開図1

原稿となったイラスト図面。

これはSH工房が作成したもの。

展開図2

掲載されたイラスト図面。

こちらはプロが作成したもの。

 

このベンチの詳細な図面や製作方法については、「木工房No2」をご覧ください。

もしもご質問等ございましたら、SH工房までメールをお願いいたします。

 


ベンチの追加

さて、このベンチが木工房掲載のテーマとして適正だったかどうかはともかく、

可搬性に優れる適度なサイズと重さがとても魅力的なので、

実用性は大いにありとSH工房は見ました。

そこで、どうせならもっといろいろな使い方ができるようにと、さらに2台のベンチを作りました。

 

  • 塗装は、取材時には、都合上組立て後に行いましたが、やはり塗装してから組み立てるのが一番。あとから製作したベンチは塗装を先にやりました。
  • 塗料は、アトムの「ガーデニングカラー(ウォールナット色)」をメーカー提供で使用しました。水性塗料ですが、刷毛はステイン用を使うと塗りやすく、またムラもあまり出ないようです。
  • 色は、キシラデコールの同色よりチョコレートに近く、適度な艶があるので小物には最適です。
  • しかし問題がひとつ。DIYショウでメーカーに確認したところ、この製品はジョイフル本田で扱っていません。理由はなんでしょう? メーカーあるいは製品にどこか問題があるのではないかと勘ぐりたくなってしまいます。
  • 実売価格が不明ですが、なかなか魅力的な製品ですので、ぜひジョイフル本田でも取り扱ってほしいものです。

019a.jpg

101a.jpg

X脚パーツの塗装

いったん組み立てたあと、面倒でもボルトをはずして行います。

脚の組立て。

扇形の座板は、最後にカットします。

 

102a.jpg

103a.jpg

コーススレッドでとめつけ。

実はボルトを使っているところも裏からコーススレッドを打込んでいます。そのほうが強度的に安心です。

座板のカット。

最初に作ったベンチの内側と外側にぴたりする寸法の扇形をひとつずつ作りました。
 


組み合わせバリエーション

ベンチが4個にもなると、使い方によっていろいろな組み合わせ方が考えられます。

ここで、いくつかの使用例をご紹介します。

 

野外教室モード

花火見物モード

取り調べモード

流しそうめんモード

お昼寝モード

 


終 わ り に

今回、何かの縁で雑誌に掲載されることになったことは大変にラッキーでした。

しかし、SH工房の技術では、持っているテクニックの全てを持ち出してもおそれ多いことではありました。

逆に、この程度の技術であっても、ベンチくらいなら充分作ることができるという証にもなったわけです。(言い訳モード)

これを機会に、ますますDIYに没頭し、また腕を磨いていきたいと考えています。

今後とも「SH工房」をよろしくお願いいたします。

 


【SH工房TOPへ】