logo_m.gif

woodline01.gif
1999年(平成11年)秋
woodline01.gif
 
 パーゴラの製作

 

完成

友人宅にパーゴラを作りました。

幅約3.5m、奥行約1.5mです。
 

 
  準備から組立てまで
 今回は自宅外での製作のため、材料はある程度切断しておき、防腐剤まで塗り終えて現地で組み立てました。
 

■ 作業準備

現地

現地

  • ここにパーゴラを作ります。左はアルミフェンスで、その外側が道路です。
  • 土のところに柱が5本。手前の土間コンクリートの上に柱を2本建てます。
  • 写真の方向で、奥行が約3.6m。幅は、土の部分が1.5m、コンクリート部分は約0.6mの台形です。
台車

台車

  • 場所は自宅の近くなので自作の台車で材料と道具を運びました。
  • 台車は、ベースがベニヤ板にステンレス板を張り付けたもの。上部はイレクターを組んた上に1×4をつけたものです。もちろん大型キャスター付き。
  • これだけで、脚立、ショベル2、工具箱2,鋸、コードリール、水平器2、インパクトドライバー、クランプ2、キシラデコール、ヌキ材数本、コーススレッド各種などなどが乗っています。
 

■ 土の部分

コンクリートブロック

  • 土に埋め込む柱の下には、柱が沈まないようコンクリートブロックを敷きます。中古品があったので今回はこれを使用。
  • ある程度の底面積があれば充分なので、タガネで半割にしました。

コンクリートブロックの埋込み

  • 土を掘って、コンクリートブロックを所定の深さに置きます。
  • 余計に掘ってから埋め戻すと沈むので、ぴったりの深さに掘りました。一応自分が乗ってみて沈まないことを確認。
 

■ 土間コンクリート部分

穴あけ

  • ハンマードリルで土間コンクリートに穴あけしたところ。
  • 柱の両側からL型金物で挟み付ける方式なので、1本の柱に2箇所の穴があきます。

アンカーの埋込

  • 12mm径ボルト用の金属拡張アンカーを打込んだところ。
  • アンカーが少し飛び出ていますが、周りにゴムパッキンを敷くのでこれでも大丈夫。本来ならコンクリート面にぴったりの高さに打込む必要があります。
  • 今回はアンカー、ボルトともステンレス製を使いました。メッキとの耐久性の差は不明ですが、なんといっても安心感があります。

ボルトの仮締め

  • 柱を建てるまで、ボルトをねじ込んでおきます。これがないとゴミが入ってしまい取り出すのが大変です。
 

■ 柱の建込み

地中に埋め込む柱

  • 柱は2×4(防腐処理材)で、下部は3枚重ね、地中部は一部5枚重ねにしました。一番下まで5枚になっていないのはちょうどいい長さの端材がなかったため(^^ゞ。
  • 多くの場合、柱が腐食するのは地面から下20cm〜30cmくらいのところです。この部分は湿潤と乾燥を繰り返すために腐りやすいので、5枚重ねにしました。
  • 以前作ったバラのアーチも同じ構造になっています。

土間コンクリートの上に立つ柱

  • アンカーを埋め込んだ上にゴムパッキンを敷き、L型金物をボルトで取り付けます。金物はシンプソン社のもので、厚さ2mm程度。
  • 柱にはボルトを貫通させるための穴をあけておき、両側からボルトとナットで締め付けます。
  • 金物は金メッキ・・・などではけっしてなく(^^; 余っていた工作用スプレーペンキを吹き付けただけです。たぶんすぐ剥がれるので、早いうちに塗替えが必要です。

仮留め

  • 地面に埋め込む柱は、建てたら土を軽く埋め戻して倒れないようにしておき、水平器で垂直をとりながら仮留めします。
  • 仮留めに使ったのは半ヌキ材で、安くて軽いので多用しています。とめつけで柱に釘穴が残りますが、少々のキズは多目に見られるのが屋外DIYのいいところですね。

柱下部

  • 今回は垂直ブレースをつけないので、柱の下部にも可能なところはビームを渡しました。
  • ビームは3枚重ねのすぐ上に2×材の間を通すようにつけています。この柱の形式だとビームがすっきりおさまるので私の好みです。

 

■ ビームの組立て

ビームの固定

  • ビームを1本ずつ固定していきます。長辺方向のビームの上に短編方向のビームが乗る組み方です。取り付けた順序は、作業性の関係で上のビームを先につけた箇所もあります。
  • 土のところの柱は仮留めの状態でひととおり立っていますので取り付けは割りと楽でした。
  • 柱が上に飛び出ている理由は後で説明します。

ビームの固定

  • 土に埋まる柱を4周固定したところ。
  • 手前のビームは、コンクリートの上に乗る柱まで奥へ伸びています。コンクリートの上に乗る柱は、伸ばしたビームに抱きつかせるようにして固定しました。(写真がなくてごめんなさいm(__)m)
  • ここまでで1日が終了。仮留めはもうはずせるんですが、用心のため、夜もそのままにしました。
 

■ 柱上部・ビーム

柱切断前

  • 柱の上部は長いままにして立て、全体のバランスを見ながらビームの高さを決めました。
  • また地面の高さが一定でないため、ビームを渡してから切った方が正確に出来ると考えたためです。

柱切断後

  • 柱の上部を鋸で切断。ビームより1cmくらい高めに切りました。
  • 1cmくらいなら下から見て気になるほどではありません。最後にキシラデコールをたっぷり塗って完了。

柱上部・ビーム

  • ビームは上からドリルで3cmほど穴をあけ、そこから長さ10cmのコーススレッドを打込みました。

ビス穴

  • コーススレッドを打込んだ穴は、水がたまるので木パテを詰めました。左はパテ無し、右はパテを詰めたところです。
  • これでもいつかは水が入り込むと思いますが、寿命は延ばせると思います。

ビームの取付け

  • 脚立に乗って体を乗り出すようにしてビームを順に取り付けました。
  • 最後のビームではビームの隙間が狭くなるので、体がぎりぎりで通るくらいしかありません。
 

■ 鈍角部の処理

ビームの長さ合わせ

  • 鈍角部のビームは長さが少しずつ違うので、現場あわせで切断しました。
  • 写真のように、ヌキ材を渡して長さを決め鋸で切断。

下から見たところ

  • 柱を挟み付けるビームは同じ長さ。それから先のビームは少しずつ長さを変えて斜めにしました。
  • 柱を挟み付けている内側のビームも斜めにそろえた方が良かったかも知れません。

鈍角部のビーム(下から)

  • 鈍角部分のビームは当然斜めにつけましたが、出来る限り強度を上げるために相手側のビームに2箇所で接するようにしました。
  • 実際、かなり頑丈になっていて、びくともしません。

鈍角部のビーム(上から)

  • 上の写真と同じ部分を上からみたところです。

鈍角部全体(下から)

  • 鈍角部を下から見上げたところです。
  • 奥の柱からも軸に平行にビームをつけ、それを受ける手前の柱を追加しています。(ビームの間隔が狭くなっているところ)
 

■ ラティスの取付け

専用下枠

  • ラティスの下枠は、2×4にラティス用の溝が掘ってある製品を使いました。
  • 溝の部分は、あらかじめ水抜き穴をあけました。(水抜き穴はウッドフェンス製作編を参照して下さい。)

柱への取付け

  • 柱の中間が空いているところは、2×4を挟み込んでから下枠を取り付けました。

上枠

  • 上枠は普通の2×4を使用。
  • ここも溝付きを使うとラティスをはめ込んでからつけなければならないので、ここは押し縁で固定しました。もちろん両サイドも押し縁です。

ラティス取付け

  • 使用したラティスはWRCで、幅約42cmです。市販の幅85cmの製品を半分の幅で使いました。

ラティスとビーム

  • ラティスはやや上よりに取付け、目隠しよりは日よけ目的としました。
  • ビームは、柱のところは挟み付ける位置に、中間の部分はおよそ30cm間隔につけました。
  • ビームの間隔は、じっと見ているとバランスが悪いようにも感じるんですが、慣れてしまうと気になりませんし、変化があってこれもいいように思います。
 
 完  成
私にしては一気に作ったので、かなり疲れました。(フー) 楽しみながらのんびり作ったほうがDIYはいいですね(^^;
 

■ 完 成

側面から

内側から

道路側から
 

これで完成です。

ここにはフジを植える予定です。
2年後の春にはラティス全体からフジが垂れ下がる光景が見られそうです。

 

 

2003年春

完成から4年後の春です。

フジが見事に成長して花をいっぱいつけました。
そろそろ細い枝を整理して太い枝だけにしていかないとパーツが壊れそうです。
こういうところもDIYの醍醐味といったところでしょうか。

 

上の写真の反対側から見たところです。

冬の剪定で中央あたりの枝を減らしてしまったので、わずかに中抜け状態になってしまいました。(反省)

 

 【SH工房TOPへ】