プランター各種 


木材を加工して作ったものや、ホームセンターから格安で購入して修理したものなど、
プランターをいくつか紹介します。

  • 木製プランター(1999.11)
  • もう一つの木製プランター(1999. 5)
  • さらにもう一つの木製プランター(2000. 2)
  • コンクリート製アンティーク調プランター
  • コンクリート製こびとのプランター(1999. 6)


  • 1999年(平成11年)春

     

    ● 木製プランターの製作 ●

    カーポートの脇に置くための木製プランターを作りました。

    車の邪魔にならない出来る限り大きなものにして、

    地植えに近づけるようしてみました。

     

    材料一式

    塗装前の材料一式です。

    外枠は2×4、底板と側板は1×4の防腐処理材を使います。

    さらに耐久性を持たせるため、防腐剤(キシラデコール)を塗装します。

    本来は、切断前に一度塗装したほうが楽なんですが、

    天候が悪く、カーポートでの作業となったため,今回は塗装を後回しにしました。

     

    外枠の組立て

    2×4の縦方向にコーススレッドを打込みます。

    ここだけのために長いコーススレッドを用意するのも面倒なので、

    電気ドリルで細長い穴をあけ、そこにコーススレッドを打込みます。

    コーススレッドは、一箇所の接合で2本ずつ使いますが、

    最初からがっちり留めつけずに、側板を打ちつけながら直角を決めていくのがコツ。

     

    底板取り付けまで完了

    防腐塗装を2度塗りした後組立てに入ります。

    底板には水抜き穴をあけ、鉢底用ネットをつけました。

     

    側板と笠木を打ちつけて完成

    側板を枠の内側から打ちつける形式なので、容積は小さくなりますが強度は申し分なし。

    この形式では、2×4の外枠で全体の強度が決定します。

    それにしてもこの形、道路に置けばゴミ箱そのもの!?



     

    ● もう一つの木製プランター ●

    これは1年前に作ったもの

    バラのアーチの端材を使っているため、横桟に特徴がある。

    皮肉にも、端材を使ったこちらのほうがデザインが良い。

    サイズは上のプランターより一回り小さいため、カクテルにはちょっと苦しい。

    実際、反対側のモッコウバラの成長に追い越されてしまいました。

     



    2000年(平成12年)冬

     

    ● さらにもう一つの木製プランター ●

    最初に作ったプランターはカクテルには小さすぎたので、

    一回り大きなサイズのプランターを作って植え替えました。

    寸法や構造は前回作ったものと全く同じです。
     

    底網

    今回は前回と違って底網を全面に張りました。

    考えてみれば底網は安いので、なにも穴毎に張る必要はなかったのでした。(^^ゞ

     

    スレンダービット

    天板の1×4を留めるビスにはスレンダースレッドを使いました。

    そして、打ち込みにはスレンダービット(スレンダースレッド用ビット)を使ってみました。

    このビットは先端部が細くなっているので、通常のビットよりビスの頭が見やすくなって便利です。

     

    完 成

    見た目は前回作ったものと全く同じ。

    違うのは底網と天板のビットのみ。

    これでカーポート左右のプランターサイズがそろいました。

    カクテルを移植して完了です。

     




    1999年(平成11年)初夏

     

    ● コンクリート製こびとのプランター ●

     


    ホームセンターで、割れていたコンクリート製プランターをgetしました。
    こびとが鉢を抱えているデザインで、とてもかわいい形です。
    "かけら"は、ひとつだけ残っていましたが、完全には復元できません。
    そのため、通常価格5千円のところを5百円にしていただきました。

    かけらは、接着剤で張り付けて再利用します。
    接着にはコンクリート用ボンドを使います。
    接合部は良く洗い、ほこりをとってからしっかり乾かします。

    ボンドで接着したところ。
    "かけら"はこれだけしかないので、残りの部分は別のもので埋めないといけません。
    ところで、このこびとは、後ろ姿のほうがかわいいと思いませんか?


    現在ここまで完成。
    さて、かけらのない部分をどうやって埋めるか、アイデア次第ですね。


    【SH工房TOPへ】