logo_m.gif



woodline01.gif

1998年(平成10年) 春

woodline01.gif

 

バラのアーチの製作

 

門の近くにバラのアーチを作りました。

サイズは、幅1.8m、高さ2.5m。

道路から見たときには3mを越える高さになります。


illust.gif


製作前のイメージスケッチ


 


815a.jpg


完成写真


 





柱の製作と組立て


 


101a.jpg


この場所に柱を立てます。


ここに4本。反対側にも4本の柱が立ちます。


植栽を移植して準備完了。


 



200a.jpg

202a.jpg


柱の長さは2.1m。地上部分は1.5m、地下部分が0.6mです。


材料は、2×6の3枚重ね。真ん中の1本は地上30cmまでにします。(写真左)


地中部分は、さらに2×6の端材を抱き合わせて5枚にしました。


右の写真は2本の柱を組んだところ。手前が下です。


 



207a.jpg

210a.jpg


組み立てた2本ずつの柱を建込みます。


これで片側の柱−計4本が立ちました。


 


215a.jpg


柱上部の組立て。


クランプのおかげで一人でも作業ができます。


おすすめ小道具のひとつ。


 


322a.jpg


片方の柱が立った状態。


 


318a.jpg


門灯に照らし出された左右の柱。


 



アーチ部分の製作

 

116a.jpg



アーチ用パーツの原寸型板。


スポンジゴムを切り出して作りました。


これで半円の約3分の1、幅は12cmです。


中央が使用する型板。

 

416a.jpg



2×10と2×8をジグソーで切り出し。


2×10なら3枚で、また2×8なら4枚つなげば半円となります。


型板がいいかげんなので、半円を組み立てたあとにヤスリで調整しました。


 


424a.jpg


継ぎ目を交互にして2枚をコーススレッドでとめつけます。


接合部分には、あらかじめ防腐塗料を塗っておきます。


これで直径1.8mの半円が完成。


末端のところだけ1枚なのは、ここを柱の間にはめ込むため。


 


517a.jpg


最後に防腐剤塗り。


狭い場所で塗るためには立体化が必要。


けしてウオータースライダーを作るのではありません。


手前の1本は中央に乗せる幅8cmのもの。


 



アーチの組立て

 

523a.jpg

524a.jpg



最初の1本をかけ、続いて2本目も固定。


柱上部に挟み込むようにしているため、手を離しても倒れません。


 



606a.jpg

608a.jpg


前後をビーム6本でつないだあと、中央のアーチを乗せて固定。


右は足場の上から見たところ。


 
702a.jpg


ナスタチウムの寄せ植えを乗せてみました。


バラが伸びてくるまでの間は、ここにプランターを置きます。


 





完 成


 



810a.jpg
814a.jpg

812a.jpg

柱上部のアップです。

  • 横材が多く入っているのは、プランターを乗せるため。
  • バラが伸びにくいようなら、その時点で取り外す予定です。


 


 


820a.jpg


道路から見たところ。


右は植えつけたばかりのヤマボウシです。


 





その後


ウエルカムボードを取り付けました。


既成の文字盤にスプレーで色づけして2×材に張り付けただけの、ごく簡単なものです。


文字の色のグラデュエーションは、スプレーを吹き付けるときにブルブルっと振ってつけました。


春に植えたバラも順調に伸び、ついにアーチの天端まできました。




 



【SH工房DIY館】