カメラ三脚の便利パーツ製作
 余った部品を使って三脚の便利パーツを製作
 2013. 1

 
 カメラ用三脚は高くて何本も買うわけに行きませんし、使っていくうちに細かなところで使いにくさが見えてきます。


 とりあえず使い勝手と見栄えを良くする第1段階として、ウレタングリップを巻いてみました。これは大成功。
 それをきっかけとして、余った材料を使って便利パーツをいろいろ作ってみました。

 

 使った部品は、主なものはほとんどが再利用。細かなものは購入していますが、結果的に非常に安く出来ました。
 「買ったほうが早い」、と思えるほど手間がかかったところもありますが、自分サイズに出来ることや、既製品にはないオリジナルデザインにできることがDIYの醍醐味でもあります。



  

 なお、カメラ用のネジ規格はインチネジで、ユニファイ並目ネジ(UNC)の、1/4インチ(いわゆる小ネジ)と3/8インチ(いわゆる大ねじ)の2種類があります。
 ところが、このネジを作るタップやダイスはホームセンターではほとんど売っていません。この規格に非常に似通ったネジ規格として建築用のウィットがありますが、ホームセンターではウィット規格のものならいくつかは入手できます。UNCとウィットの1/4の場合は、径は同じ。山数も1インチあたり20山で同じ。山の角度だけはUNCが60゜、ウィットが55゜という違いがあります。でも、私の工作精度程度なら、ウィットのタップで穴を開けてもUNCのネジが普通に入って使えてしまいます。
 実際、タップの作業でも最初のうちはウィットの1/4インチを使いました。ダイスのほうは秋葉原で買いましたが、これはUNCの本来?の規格でした。(右の写真でNCの表示がUNCです)

 


  

 さて、前置きが長くなりましたが、2009年春からの三脚便利パーツの製作をご紹介します。

 左のINDEXから選択、クリックしてご覧ください。


【SH工房DIY館】   【カメラ三脚の便利パーツ製作INDEXへ】