logo_m.gif


woodline01.gif

1999年(平成11年)夏

woodline01.gif

 

● 立水栓の製作 ●

 

知人宅に立水栓を作りました。

配管は、元のポンプから分岐して延長。

径30mmから途中の配管部分で徐々に細くしていき、径13mmにしました。


 

地面から立ち上がる手前には、万が一の漏水や凍結に備え、バルブを取り付けました。

蓋は新品ですが、100mm径の塩ビ管は中古品を利用。

捨てないで取っておいたのが、こういうときに役に立ちました。


 

地面から露出する部分の配管には断熱材を巻きました。

断熱材は、ワンタッチで巻き付けられる既製品を使いました。

 

断熱材の上にビニールテープを巻き付けて完了。

断熱材は地面の下20cmくらいまで巻いてあります。


 

配管の露出部分は、踏まれないように門型のカバーをつけました。

手前を横切っているのは排水ホース。


 

配管の立上りは既製のパーツを倉庫の柱にとめつけました。

ちょっと不格好なんですが体裁はかまわないということなので、スピードを重視しました。

 

!ちょっと脱線


 右は、つくば・洞峰公園にある立水栓。

 上の立水栓と同じパーツを使っていて、それに竹のカバーをつけている。

 単純ながら、それだけでずいぶん雰囲気が変わる。

 ついでに水栓も和風っぽいものがあるとさらにgoo。

 でもここ、バラ園なんだけどなぁ・・・


 

− 完成 −
 

流しと架台は既製品を使いました。そのまま置くだけで使える簡易型です。

排水ホースは、洗濯機と同じようなフレキシブルになっているものです。

架台は鉄製でメッキをしたもの(ジョイフル本田オリジナル?)。

無塗装なので、工作用のスプレー缶で色づけをしています。

これで一応完成なんですが・・・さらに

底に木製スノコを置いて・・・
   

人工芝を乗せれば・・・

水を強く出しても跳ねません。


 

ワンタッチ水栓をとめるフック。

イレクターのパーツを使っています。

 


【SH工房TOPへ】