logo_m.gif


天体望遠鏡格納箱の製作

 

天体望遠鏡は衝撃に弱いため、観測場所への移動用に木製箱を作りました。

材料は、しな合板を使用し、切り口は全て45度にカットして板同士を接着剤だけで接合しました。


 

切断と組立て

big01.jpg
  • 最初に6枚の板を作成します。小口はどの面も45度に加工します。
  • 接着剤で6枚の板を接合し、直方体の箱を作ります。この時点では蓋の部分も一体で作ります。
  • 釘・金物を使わない方法のため、ここで全ての精度が決まります。
  • 接着剤が乾いたら、蓋の部分を丸のこで切断します。(写真左)
  • コーナーには三角形の棒を接着して補強しました。

big02.jpg
  • 箱の補強を兼ねて、望遠鏡の筒を乗せる桟木を入れます。
  • この時点では、まだ寸法を計るだけです。
cut01.jpg
  • 望遠鏡の直径に合わせて桟木をU字型に加工します。
  • 加工にはジグソーを使いました。
big03.jpg
  • 加工した桟木を入れてみたところ。
  • これの接合も接着剤のみです。
  • 望遠鏡を入れて寸法をチェック。
  • 細部を調整して接着します。


big05.jpg

望遠鏡に傷がつかないよう、桟木にはスポンジゴムを貼りつけました。

蓋の裏側にはスポンジを埋め込み、閉めたときに望遠鏡を軽く押さえつけるくらいにします。

最後に取手、蝶番、ゴム脚をつけて完成です。


 
塗装

仕上塗装は、ウレタン系塗料を2回塗りしました。

塗装している箱は、別に製作した小さい望遠鏡のほうです。

 


 
完成

完成した大小2つの望遠鏡格納箱。

取手は蓋の上につけるのが普通ですが、車のトランクに積み重ねるために横につけました。

ゴム脚は、箱の下部のほかに取手の反対側にもつけています。


【SH工房TOPへ】