logo_m.gif


 

woodline01.gif

1995年(平成7年)初夏

woodline01.gif
 

● 通路のインターロッキング敷き ●

 

花壇の次はインターロッキングブロックの通路作りです。

庭に入ったところから玄関まで、クランク状に折れ曲がった細長い通路になります。

使用したインターロッキングブロックは、グレーの長方形。サイズは10cm×20cm、厚さ8cm。

通路の両側には、御影石調の縁石を縁取りに使います。

ブロックの下地は砂利などを使わず、歩行用なので庭の土をそのまま使うことにしました。

 

敷込み

116.jpg

まず玄関ポーチからカーポートに向かって敷いていきます。

水糸を張って、とりあえず1列敷いてみました。

 

118.jpg

121.jpg

水勾配を確かめながら、少しずつ横幅を広げていきます。

ブロックを敷く高さは、通路の予定高さより数ミリ上になるよう、下地の砂を盛っておきます。

ある程度敷き並べたら、ゴムハンマーでたたいて全体を均します。


 

122.jpg

今度は門側から敷き込みです。

階段を上がったところは、ポーチ状に広がったスペースを取りました。

 

201.jpg

最後は両側から延ばしてきた通路同士をつなぎます。

写真では見えにくいですが、水糸を2本張り、これにあわせて敷込んでいきます。

 

203.jpg

最後のコーナーを張っているところ。

この時点で腰はヘトヘト、上体を腕で支えるのが精一杯の状態。

 
完 成

当初の目標から大きく遅れながらも、なんとかゴールデンウイーク中に作り終える事ができました。

これから自分でやってみようとお考えのあなたに、ここで警告!

インターロッキング敷きは技術より体力が必要です。

中腰での作業は想像を絶するほど過酷なものです。

再三の雨で作業を中断したのがかえって幸いしました。

一気にやろうと考えないこと。

のんびりゆっくり、そのほうが楽しく、また正確にできることでしょう。


カーポートを回り込む部分。

バラの季節には、花を見ながら進んで行くことになる。

 

212.gif

玄関からカーポートへ向かう通路部分。

こちらはシャクナゲやボケといった、やや和の趣を持たせる予定。

 


【SH工房TOPへ】