● ビニール温室の製作 ●

 

    

バラの接ぎ木苗を保護するためにビニール温室を作りました。

ひとつはポット苗などの背の低い苗用、
もう一つはスタンダードなどの背の高い苗用です。

接ぎ木苗は冷たい雨に当てない事が成功のポイント。
これまでは軒下に置いていましたが、風が強いと軒下にも吹き込んできますし、
晩秋の冷え込みにも耐えるためには温室が一番です。


★ パート1 ★

パソコンラックの残骸らしき鉄のフレームがあったので、これを使ってビニール温室をつくってみました。

ビニールは市販の温室用にファスナーがついているものを購入し、フレームや棚板は廃材を使っています。
鉄のフレームの奥行が60cm。市販のビニールのサイズで60cm×90cmのものがあったので、幅は90cmに決定。

両サイドの枠にはパソコンラックだったと思われる鉄のフレームを使います。
キャスター付きなのもgood!

  

棚板を受けるためのアルミアングルを取り付けます。
アングルもボルトも使い古し。ボルト穴がないところは新たに開けました。

棚板を取付けて組み立てたところ。
棚板は軒天などに使う珪酸カルシウム版。
これは我が家の工事をやったときの廃材です。

  

枠の色がどうも気に入らないので、余っていた白ペンキを塗ってしまいました。
横方向はフラフラなので太い針金で筋かいを入れています。

  

中間の棚部分は長いアルミアングルを使ってフックで温度計を引っかけています。

ここまでできたところでいちおう温室として機能するようになりました。
上の黒い箱にも苗を入れています。

  

背の高い苗を入れるために、一番上の板を取ってボールト天井にしました。

以前にバラ用のポールとして使っていたアルミの薄板を曲げてアングルに取付けます。
アルミ板の戻る力が強いので、一番手前の部分はアングルが少しねじれています。
でも奥の2本は鉄のフレームに貫通させているので、手前の1本はこれで良しとしました。

  

曲げたアルミ板は癖がついていてすぐにはなじまないので、座金は大きめのほうが良いようです。
右はアングル先端のカバーに軍手をつけたところ。
ビニールが引っかかって破れるかも知れないのでつけました。

これで出来上がり。

既成品のビニールは高さ1.5m+10cmのドーム状になっているので、
頭のところはちょっと寸法が合いません。
まあしかし、全部で2千円でできたのでこれは上出来。


★ パート2 ★

もう一つのほうは、既成のアングルを組み立てただけで、
DIYというにはちょっと恥ずかしいのでさらっと紹介します。

背の高いつるバラがあるので、高さは2m近く必要です。
幅と奥行は最初に作ったものと同じ90cm×60cm。
市販の鉄のアングルを買ってきて組み立てました。

  

フレームの材料はホームセンターで売っている普通のアングル。
長さ1.5m、0.9m、0.6mの3種類を使っています。

その上部は、最初に作ったものと同じアルミの薄板を曲げて取り付けました。
前のと違う点は”かまぼこ”の向きを90度変えていること。
アルミ板の長さが決まっているので、横向きにはつかないためです。

  

棚板も最初に作ったものとおなじ珪酸カルシウム版。
底の部分の横方向はアングルなしでコストダウンしました。
板の厚さは12mmなのと、裏にキャスターを付けているので思い鉢でも折れることはなさそうです。

横方向は太い針金でクロスにブレースを入れています。
奥行方向はボルトを強く締めたせいか、わりとしっかりしているのでブレースなしです。

ビニールは高さ1.8m用なので、これも上が余っています。
裏の丸窓部分がたるんでいるので雨が吹き込むかも知れませんが、
だからといってバラが枯れるわけでもないので、これで良しとします。

右は今回の秘密兵器(^-^)v
大型コンピュータ室に使われていたもの。
かなり古いですし見た目も安っぽいのですが、これがどうしてなかなか正確。
もう一つの信頼できるものとほとんど同じ値を指します。

  

これで完成です。

高さは約2m。つるバラがぎりぎりで入りました。
キャスター付きなので、デッキの上なら移動がとても楽です。

腰部分にコの字型に留めてある部材はプレートです。
アングルのほうが強度は上がるんですが、ここでもコストダウンしました。

かかった費用はビニールまで入れて5千円程度。
アルミ枠の市販品より安くできたのでまずまずでしょうか。

 


★ その後・・・ ★
背の高いほうの温室は、その役目を終えてラックに変身しました。
支柱などの細長い棒状のものを立てかけるためのものです。


サビなどもそのままで。ブレース用の金物だけ追加で購入しました。


【DIY館TOPへ】