● ウッドデッキ ●    1997年(平成9年)製作
2006改
2012改

 
■既存デッキの改修  2012. 7
 
●はじめに
 スロープを作るついでに、元のデッキもだいぶん傷んできたので同時に改修することにしました。
    
 左の写真は平成24年のデッキ改修直前。右は平成20年の写真です。製作してから15年。手前のベンチも少し後に作ったものですが、デッキ同様にぼろぼろになってきました。

●下地の補修
 とりあえず、スロープをつける側のデッキ材を取って見ました。
    
 左の写真が下地の状態です。色がくすんでいるのでかなり傷んでいるように見えますが、それを水洗いしたのが右の写真です。ほとんど傷んでいません。柱の高さが低い部分だけがわずかにやせた程度なので、特に補強なしでそのまま使えそうです。

 背の高い柱の部分はどうかというと・・・
    
 左の写真は何ともなさそうでそのまま使えそうです。右の写真は穴が開いています。虫が食ったようには見えないので、おそらく水がそこに集まってきて徐々に腐食したものと思われます。

 その他の箇所では・・・
    
 垂直ブレースです。左はわずかに穴が掘れたようになっています。右はもっと腐食しています。右はデッキ材同士の隙間に当たるところで、じわじわと雨が浸透したようで、かなり腐食しています。
 それ以外では、短い柱の上部切り口がやや腐食していました。これは短く切りすぎてデッキ材との隙間ができたところが弱かったようです。

 そこで、腐食したところの補修方法を考えた結果・・・
    
 穴が開いたところに木工用ボンドを流し込んで隙間を埋めました。これにおがくずなどを混ぜたほうがボンドがやせなくて良いのですが、ないのでボンドだけを使いました。たくさん使うところは一度にまとめて詰めないで、何回かに分けて少しずつ詰めていきました。

 腐食が進んでいたところは、ほとんどが切り口の部分です。さらに水が集まりやすいところの腐食が進んでいます。あとで出てくるデッキ材の両端も腐食しています。根太や水平ブレースは全く腐食していないので、そのまま使いました。
  使っていた材料は、防腐剤を染み込ませた2×材にキシラデコールを2回塗りしたものです。腐食したところだけまとめるとずいぶん多いように見えますが、15年もたってこの程度ですから全体としてはほんのわずか。十分合格点を与えられます。

●床下の草取り
 デッキ材の下から笹がかなり生えてきていたので、デッキ材を剥いで下を見てみました。
    
 左は床下点検口。横からボルトを差し込んであるだけで下地には留めていない2枚をまず取って見ました。右がその床下。笹が生い茂っています。
 
    
 他の部分もあけてみました。床下地はほとんど腐食していません。小口部分がなければほとんど腐食しないようです。右は草を刈り取った後。木材は埃などで白っぽくなっていますが特に補強は必要なさそうです。
 

●デッキ材の補修
 次はデッキ材のチェックです。当初使ったコーススレッドは、デッキ部分にはステンレス製を使ったので難なく外せました。そこで、裏返して使うことに決め、その前に表側にキシラデコールを塗りました。
    
 左の写真は、左の3枚がキシラデコールを1回塗ったところ。右側は表面をブラシで洗っただけのところ。右の写真はキシラデコールを1回塗ったところのアップです。木目に沿ってひび割れが無数に入っていますので、大量にキシラデコールを消費しました。裏返すと下向きになる面ですが、床下は滅多に点検できないので防腐剤は省略できません。
 
    
 床下点検口は、当初はデッキ材2枚分でしたが、のぞき込むだけでもかなりしんどいので3枚にしました。ボルト穴は2本のままで3枚を持ち上げられるようにしました。左はそのゲタに当たる部分。以前は幅ぴったりのものを4×4から切り出して作っていましたが、今回はスカスカです。多少横にずれる可能性はありますが、持ち上げるのはすぐ出来ます。
 右の写真は裏返したあと、端部を切り落としたところ。小口はかなり腐食していますので、10mm程度短くしました。
 
    
 左の写真は日当たりが一番良いところの小口です。それを10mm程度切り落としたのが右の写真です。
 
    
 上がり口の45度のところも裏返しましたが、当然部材が短くなります。そこで、右の写真のように、2枚だけ新品を継ぎ足しました。でも見る限り、どれが新品か写真では良く分かりません。実際既存部材を裏返したら、ひび割れはありますが表面はつるつるしていました。

    
 左の写真は柱の切り欠き部分。裏返したので元の切り欠き部分が残りましたが、ここはそのままにしました。ラティスの下なので、足が引っかかることもないためです。
 右の写真は裏返すべきところはすべて裏返したところ。ラティスの柱より右側は元のままです。建物寄りはあまり痛んでいないためそのままで、キシラデコールだけ塗りたくりました。


●踏み台の再製作
 
    
 全体がきれいになると踏み台も直したくなって裏返してみたら、右の写真のように端材を使ってごちゃごちゃに作ってありました。両端部の上面も残った材料でツギハギでしたし、最後は材料ぴったりだったようです。
 これを平板2枚の上に乗せてあるだけで、ハカマに相当する部分は前側だけがついていました。

    
 今度もまた同じような形式で作りました。上面は、2×6の長物が残らなかったので2×4にしました。右の写真で、左の端部が直角になっていないのは、寸法取りを間違えたためです。最後のところで完成を急ぐとこうなるという教訓でした。


●完了


 最後にキシラデコールを塗って完成です。
 



【 SH工房TOP 】   【 ウッドデッキ製作INDEXへ 】