● ウッドデッキ ●    1997年(平成9年)製作
1999改

 
■手すりの追加T  1999. 7
 
●はじめに
 平成11年7月。庭からデッキに上がるところに手すりをつけました。
 デッキ上での手すりの固定方法に悩んだのですが、手すり周りは利用価値が低くなるので、それなら、と言うことで植木鉢用の台を兼ねて作ってみました。

 手すりをつける場所は、デッキへの上がり口のすぐ脇。地面とデッキ上で手すりをどうやって固定するかが課題です。


●枠組
    
 最初に枠組を作ります。こたつやぐらみたいな作りになりましたが、手すりを受ける役目もありますから、グラグラしないように作りました。


●手すり

    
 地面のほうは、丸太をそのままズボッと埋めて固定しました。右は上側との接続部。

    
 上の水平部との接続は斜めに切り落としました。右の写真で、その内側には補強を入れて支持。このあたりはごつくても強度優先で作りました。


●完成

    
 左側面と正面はラティスをつけてデッキ全体の雰囲気をそろえました。右側からは鉢台などの小物を入れるために開口のままにしてあります。



 上面には1×4を張って、植木鉢の台などで利用します。全体のデザインは??なんですが、手すりとしての強度は十分。手すりには全体重がかかりますから、これくらいであれば安心できます。


【 SH工房TOP 】   【 ウッドデッキ製作INDEXへ 】