● ウッドデッキ ●    1997年(平成9年)製作
2006改

 
■手すりの追加U  2006. 5
 
●はじめに
 平成18年5月。デッキから家の中に入るときや踏み台に昇るときに手すりが欲しいのですが、外壁にはつけられないので、デッキ側につけることを考えました。


●下地の補強

    
 左の写真が手すりをつけたい場所。右は踏み台を取ったところ。ちょうど手すりをつけたいところの真下が根太になっています。ここから柱を立ち上げれば何とかなりそうです。

    
 左の写真は奥のデッキ材を取り外したところ。手前の短い2×6は短い柱の蓋代わりになっているものです。右は地面に近いほうにも根太を挟みつけ方式で取り付けたところ。端部にも柱を入れて補強しておきます。

●柱を立てる

    
 そして2×4の柱を立てたところです。右は2×4を2枚重ねしたあと、根太のつなぎ材を元に戻したところ。

    
 その上に最初は一番奥にあったデッキ材を手前に張ります。デッキ材は横つなぎ材でもあり、踏み台を安定させる役目を持っています。右の写真は踏み台の一部を切り込んで柱を出したところ。

    
 最後に頭つなぎと、中間部の補強&デザインを兼ねて2×6を横に2枚つけました。(写真左)
 中央と右の写真は手すりをつけたところ。手すりは屋内用の、樫の木かなにかの硬い材料なので キシラデコールが塗れないのはちょっと残念。踏み台はキシラデコールを塗り直しました。先端のグレーの線はノンスリップテープです。
 全体の強度は意外とあって、下だけで支えているとは思えないほどです。作る前は不安でしたが、十分な強度が出たので一安心。


●完成
 これで完成です。

 デッキに上がるところまでは手前の手すりで、家に入る手前からは今回作った手すりを使います。





【 SH工房TOP 】   【 ウッドデッキ製作INDEXへ 】