logo_m.gif
● ウッドフェンスの製作 ●   1999年(平成11年)夏

 

完成

カーポートの脇にウッドフェンスを作りました。

長さ約7m、高さは約1mです。

 

 
  コンクリート擁壁への固定
 フェンス全体の構造は、土台をコンクリート擁壁の上に乗せ、そこから柱を立てる方式にしました。
 このため、全体の強度が土台の固定の仕方によって左右されます。
 コンクリート擁壁はしっかりしているため、そこに金属拡張アンカーを埋め込み、土台をボルトで固定することにしました。
 土台の固定に使用したボルトは、径12mmと16mmをおよそ半数ずつ。一部にステンレス製を使いました。本数は土台長さ約2.5mに3本使っています。
 
■ ボルトの取り付け

金属拡張アンカー

  • コンクリートに埋め込むアンカー。このアンカー全体をコンクリートの中に埋め込みます。
  • コンクリートを所定の深さに穴をあけ、アンカーを埋め込んで上からハンマーでたたくと写真右側の突起部がくい込んで先端部が拡張されます。いったん打込むと二度と抜けることはありません。
  • 写真はボルト径12mm用。アンカーの仕様に基づいて、コンクリートには18mm径の穴を、径16mmのボルト用には22mm径の穴をあけます。

ボルトとアンカー

  • アンカーの内側にはネジが切ってあり、そこにボルトをねじ込みます。
  • アンカーとボルトはメッキとステンレスがあり、今回は一部にステンレス製を使ってみました。特にアンカーは交換できませんので、高価ですがステンレス製を使った方が耐久性はいいと思います。

ボルトの仮留め

  • アンカーを擁壁に埋め込み、ボルトを仮にねじ込んでみたところ。
  • ボルトの部分には、硬質ゴム厚さ10mmをパッキン代わりに敷きました。
  • ボルトは、土台の厚さにパッキンと座金の厚さも加算した長さにします。
  • コンクリートに穴をあけたところの画像は、パーゴラ製作編をご覧ください。。

ボルトと座金

  • 土台をボルトで固定します。
  • ここでは座金は3枚重ねにしました。下のものほど径が大きくなっています。
  • こうしないとボルトを締め付けるほど座金が土台の穴の周りにくい込んでしまい、弱くなるからです。
  • 土台にあけた穴がボルトの径に近ければ座金は小さいものでもいいのですが、アンカーの位置にぴったり合わせることはなかなか難しいのです。
 
■ コンクリート穴あけ用工具

ビット

  • コンクリート穴あけ用のSDSプラスビット。
  • 写真は径18mmのもの。
  • 価格はけっして安くありませんが、耐久性はかなりあります。

ビットの先端部と軸部

  • 先端は平たい形状となっていて、振動ドリル用のものとはかなり異なっています。
  • 根元は断面がプラス形状になっているので、軸受け部でスリップすることがありません。

ロータリーハンマードリル

  • ハンマードリルは音が静かですし軽いので私にはぴったりです。
  • 使用したのは写真の日立製「DH24PB」。
  • 仕様では、コンクリートは径24mmまであけられ、無段変速、安全クラッチ付です。
  • 安全面から見ると、無段変速と安全クラッチ付はアマチュアには必須と感じました。

 

■ 土台の取り付け

土台の固定

  • 土台の材料は、4×4の防腐処理材を使用しました。

クランプ登場!

  • アンカーの穴の位置に合わせて土台のボルト穴をあけたんですが、わずかに合わない。
  • 土台も反っていたのでクランプで調整しながらボルトを差し込みました。
  • それでも土台の継ぎ目はずれてしまい、やや見栄えが悪くなりました。

側面から

  • 土台の下はパッキンを敷いていますので、コンクリートには直に接していません。
  • パッキンがあると土台のすわりが良く、通気性も良いので湿気がこもらず耐久性も向上します。

ボルト

  • ボルトは12mm径と16mm径を使い分けました。
  • 座金は3枚使って底面積を広くしましたが、それでも周囲の木部にくい込んでしまいました。
  • 最下部の座金は、角座金がもし手に入ればそのほうがいいようです。
 
 上部の組立て
 土台さえ取り付ければ、あとはウッドデッキなどと同じようにフェンスを作るだけ。防腐剤はキシラデコールのウオルナット色を2回塗りしました。
 構造上は柱をしっかり固定するところが課題ですが、今回は長いコーススレッドと補強金物の併用でとめつけました。
 時間がかかったのはラティスの固定です。押し縁方式は安いのがいいところなんですが、考えている以上に時間がかかりました。
 
■ 柱の取り付け

土台との接合

  • 材料は4×4の面取り、防腐処理材を使用しました。
  • 本数は5本ですが、ラティスの割り付けその他の理由により、間隔は一定ではありません。
  • 土台との接合は、コーススレッド(長さ120mm)を斜めから両側に2本ずつ打込みました。

仮留め

  • 下端を土台に固定して垂直を出したら、ヌキ材を使って笠木をつけるまで仮留めをしておきます。
  • 奥に見えているアルミフェンスはお隣のものです。

仮留め

  • ヌキ材を使用することに加え、カーポートの柱を利用して直角方法の垂直も保つようにしました。

補強金物

  • 柱の下端はL型金物で補強しました。補強したのは笠木のつなぎになる柱と端部の柱だけです。
  • 金物は鉄製で、厚さ2mmのものを使用しましたが、サイズが小さく強度が期待できないので気休め程度に使いました。もっと強度を求めるなら、全面に逆T字型の金物でもつけるしかありません。
  • これでもちょっと見栄えは悪いんですが、すぐ上にラティスの下枠が来るので心配するほど目立ちません。
 
■ 笠木の取り付け

中間部

  • 笠木は2×6の防腐処理材を使いました。
  • 柱に乗る部分には、上からコーススレッドを4本打込みました。

ジョイント部

  • 笠木のジョイントは柱の中間で。
  • この柱がたぶん一番弱いので、補強金物は出来る限り大型のものが良いようです。

端部

  • 端部は柱より20cmくらい長く出しています。土台も同じ長さです。
  • 突き出た先端部には吊鉢などもつけられますし、将来はこの先も延長する予定なので、何かの役に立つかも知れないという考えからです。

補強金物

  • 柱との交差部には裏からL型金物で補強しました。
  • 笠木に反りが出てもこれで多少は押さえられるかも知れません。
  • この部分はラティスで隠れてしまうので、見栄えは無視できます。
 
■ ラティスの取り付け

下枠の取り付け

  • 材料は2×4の防腐処理材を使いました。
  • 土台との隙間は、L型金物の高さと同じ100mmにしていますが、子猫だとすり抜けてしまうかも知れません。
  • 柱への固定は、コーススレッドを斜めから2本打込んでいます。

水抜き穴

  • ラティスの固定は両側から押し縁でとめる方法なので、そこに水がたまります。
  • そこで、あらかじめ下枠に水抜き穴をあけておきます。

ラティスのはめ込み

  • 先に奥の方の押し縁を留めておき、ラティスをはめ込みます。
  • ところが、計算どおりには行かないもので、部分的にラティスの高さが足りません。そこで、端材を使ってゲタをはかせました。

押し縁で固定

  • 手前側の押し縁でラティスを固定します。
  • 押し縁は、1×4を細く切ったもので、およそ19mm角。長さ40mm程度のスレンダースレッドで留めました。
  • スレンダースレッドは、コースレッドよりも細身で押し縁が割れることが少ないので、こういった場所に多用しています。

固定完了

  • 押し縁を4周打込んで完了です。
  • 押し縁はラティスを挟み付けるようにぴったり留めた方が風などでバタバタしなくていいようです。
 
 完  成
 製作期間は約1週間。夏休みを取って一気に作り上げました。
 一番手間がかかったのは土台の固定部分です。金属拡張アンカーの工事で仕様どおりの強度が出るかどうか、ここが課題だったんですが、慎重に作業した甲斐もあってなんとか取り付けられました。
 
■ 製作前後の比較

製作前

  • 隣地側は擁壁だけで上には何もない状態でした。
  • お隣のフェンスがあったからいいものの、しまりのいい状態とは言えませんでした。

製作後

  • ラティスになると庭全体がデザイン的に統一され、まとまりが出てきました。
  • カーポートの残り2辺はアルミフェンスのまま。そのうちラティスになってしまうかも知れません。
 
■ フェンス両端

道路側

  • 道路側はコンクリート壁があるので固定は簡単。
  • ボルトは上下2箇所につけました。また、柱と壁の間にもゴムパッキンを入れて隙間から水が抜けるようにしています。
  • ラティスだとボルトの出っ張りもかわせるので好都合。押し縁は一部カットしました。

庭側

  • 庭側の柱は、階段を上がったところの門扉にそろえました。
  • この柱は土台に固定してあるだけで自立させています。門扉の柱に抱きつかせてもいいんですが、加重がかかる場所でもないのでそのままにしています。
  • 実際、手で押してみるとわずかにぐらぐらするものの、簡単に倒れてしまうほど弱くもないようです。
  • さらに強度を上げる方法として考えられるのは、パッキンを硬いものにする、土台をとめている座金部分の改良、ボルトの本数を追加、などでしょうか。

モッコウバラ

  • 製作中は、とても邪魔だったプランターですが、簡単には動かないので置いたままで作業しました。
  • 植えてあるのはモッコウバラです。すでにシュートが4mも伸びていて、お隣の庭にはみ出しています。冬になったらシュートをフェンスに誘引して春を待ちます。
 
■ 全体

  • フェンスが完成してほっと一息・・・なんですが、よく見るとコンクリート擁壁も5年たってずいぶん汚れてきています。

  • 反対側から見たところです。
 

これで完成です。

来春はモッコウバラがフェンスに沿って咲く姿が見られそうです。

 

翌年(平成12年)4月。

誘引していたモッコウバラが咲きました。

 

 
■ 階段灯の取付け ■

その後・・・・・

2000年秋(シドニーオリンピックの聖火が消えたその日)・・・関係ないけど(^^;

庭からカーポートに降りる階段を照らすライトをつけました。
いろいろ悩んだ末、フェンスの土台から腕木を出して取付け。
ちょっと不格好ですが、カーポートの柱の裏側で、元々デッドスペースだったところ。
防雨型人感センサーライトで、150Wのハロゲンライト付き。

夜出るときの足元の不安感がなくなりました。
 

 【SH工房TOP】