■ コウモリ出現! ■
 

なんと、コウモリが我が家にやってきました。
けっして都会とは言えない場所ですが、田舎というほどの田舎でもないのでちょっとびっくり。
それではこの半年間の出来事をお話しします。
 

コウモリが玄関に!

最初にやってきたのは、20世紀最後の夏。

玄関ドアのすぐ横。壁の一番上に見慣れない動物を発見。
色といい大きさといい、最初はネズミだと勘違いしたくらいです。
ところがいっこうに動く気配が見られず、どうもネズミとは違うことを認識。
しばらく見ていてふとひらめきました。

コウモリだったんです。え〜〜〜〜っ

なぜこんなところにコウモリがいるのか、なにも人んちの玄関使わなくたって・・・
離れたところには農家の納屋もあるので、そこから飛んできたんでしょう。
とにかく、写真を撮っておこうということで、何枚か撮ってみました。

玄関ドアの左上に止まっている状態から並べてみました。

外壁の突起幅と同じくらいですから、体長は5cm程度。

耳らしきものはあるのですが、

いったい目がどうなっているのかよく分かりません。

写真を撮ったあと、さてどうしようか考えているうちに、音もなく飛び去っていきました。

鳥のようにバタバタと飛び立つわけでもなく、ほんとにヒラリって感じです。

一瞬、映画のトワイライトゾーンを想い出してゾッとしました。

また玄関にこられてはどうにも気持ちが悪いので、その場所に木酢液を噴霧して少し匂いをつけてみました。

コウモリに臭覚があるとすれば(全然知識がないんですが)、その匂いを嫌って他に行くはずです。

 

コウモリがいっぱい飛んでいた!

後で聞いた話ですが、コウモリって、町中でもけっこういるらしいのです。

昼間は橋の下とか倉庫の屋根裏とかにいて、夕方ヒラヒラと飛んでいるということです。
それなら我が家の近くでも見られるはず、と思っていたら案の定!
とある日の夕方、遠くの家のほうを見ていると、おおっ! いるいる。いっぱい飛んでいます。
ヒラリヒラリとまるでUFOのように瞬時に方向を変えて飛んでいます。
暗くなってどこかから一斉に飛び出してきたんでしょう。まるでカーニバルでもしているかのよう。
これはなんとしてでも飛んでいる姿をカメラに納めようと頑張ってみました。
しかし、UFOのようにすぐ向きは変えるし、とにかく素早くてなかなか撮れません。
ときには自分のすぐ目の前まで飛んでくるのですが、撮れるものならとって見ろといわんばかりにヒラリヒラリ・・・
何10枚も撮ったのですが、姿はとても写すことが出来ず、かろうじて軌跡らしき写真が2枚撮れただけでした。

コウモリが飛んだ瞬間。

左は写ったはずの画像。(感性で見てください(^^;)

右は飛んだ軌跡。(白矢印が指している黒っぽい線)

 

今度は家の中に出現!

今度は21世紀早々の出来事です。

いつの間に家の中に入ったのか、欄間のところにとまっていました。

鳴きもせず、小さいのでよく見ないと気づきません。

例によって見た目はネズミそのものですが、今回はすぐコウモリと分かりました。

まずは欄間にぶら下がっている状態の上からビニール袋をかぶせて捕獲。
外に連れ出して放したんですが、飛んでいきません。

夜行性の動物なので、昼間だと少しくらい突っついても全然起きないようです。

どうりで簡単に捕まえられたわけですね。

仕方がないので、多少は暗い場所に移してやろうと手で捕まえました。
さすがに素手では気持ちが悪いので軍手をしています。
バラのアーチで陽の当たらない場所に掴まらせようとしましたが、これまたダメ。
いったん掴まったら指の先にしがみついて離れようとしません。
 

しばらく様子を見ていると、目が覚めてきたのか、それとも仕方なく?

目が少しだけ開いてきました。(見えますか?)

縁取りがある部分は耳たぶだと思われます。

 

ご覧のとおり、必死にしがみついています。

足の形がなんともかわいくて、放すのが惜しくなってきました。

羽根は折りたたまれていますが、手に相当する部分が少しついています。

つまり、4本の手で掴まっているわけです。

 

このままではどうしようもないので、近くの倉庫の軒下の梁に乗せてやりました。
昼間でも多少は暗いので、ここならたぶん大丈夫でしょう。
夜になってもう一度見に行ったら、どこかへ飛んでいったようなので、これで一安心。
ところで、このコウモリの種類は・・・と思ってインターネットで少し調べてみましたが、
町中に多くいるのは、あぶらコウモリという種類だそうで、
これも同じものかも知れません。
 
いやしかし、これでいったんはおさまったコウモリ騒ぎですが、
またやってくるかも知れません。

我が家は気に入られてしまったのでしょうか?

 


コウモリの子供?発見!

2001年夏のある日、建物の基礎と外壁との間にいる奇妙な動物を発見。

大きさはほんの数センチの小さな動物です。

場所は建物の北側で、入隅になっている部分です。

 

この子供は、なぜここにいるのでしょうか?

 

そもそも本当にコウモリの子供なのか?

それとも、ある時ふと気付いたのが、ヤモリの子供とか!?

頭の形は似ています。しっぽが短いですが・・・

とにかく、謎です・・・・????

 

しかしまあ、横から見るとスターウオーズに出てくるヨーダみたいです。

特に頭のごつごつなんかはヨーダそのものですね(^^;

 

【SH工房トップへ】