ツェッペリンNT号が土浦・霞ヶ浦に飛来

 1929年(昭和4年)にドイツからツェッペリン伯号が土浦に飛来して以来、
実に76年ぶりに飛行船がやってきました。

 とは言っても、今回は愛地球博のPR用にドイツから購入したものとか。
神戸港に陸揚げされ、2005年2月6日(日)、土浦・霞ヶ浦に飛来してきました。

当初は前日の土曜日に飛来して、翌日一般公開の予定でしたが、
土曜日が強風のため飛行取りやめとなり、日曜日にいきなり飛んできました。


パンフレットから(写真ははめ込みだそうです)


 

場所は陸上自衛隊の霞ヶ浦駐屯地。
ヘリコプターも滑走路上で一般公開され、上空を飛行船が旋回しています。

------------------------------------------

 

ツェッペリンNT号の諸元です。

最高速度125km/hをほこる、ツェッペリン社が最新の素材と技術で開発したもの。
末尾の「NT」は、ニューテクノロジーの意味だそうです。Windowsと同じですね。

----------------------------------------

全長は75mでジャンボジェットの70mを超える世界最大の飛行船だとか。

ところが、パンフレットを見てびっくり w(~〇~)w
76年前にやってきた「ツェッペリン伯号」は全長236mもあって、
NT号の3倍もの長さだったのです。ぎょえ〜〜〜〜っ


76年前に飛来したときの写真

----------------------------------------

NT号は航続可能距離が予想外に短い印象です。
ツェッペリン伯号は3週間で世界一周を成し遂げましたが、途中3箇所立ち寄っただけです。
やはり3倍の長さが効いているのでしょうか?

下の図で一番上が76年前のツェッペリン伯号、今回のNT号はその下です。
当時のドイツはいろんな意味ですごかったことが分かります。


 

−−−− 一般公開 −−−−


一般公開の会場となった自衛隊霞ヶ浦駐屯地。

地元では「阿見の補給所」と言ったほうがとおりが良いようです。
(厳密には土浦市のとなりの阿見町にあります)

 
当日は、戦車やヘリコプターなども公開していました。

 
左のヘリは、映画「ランボーII」に出てきたものとサイズや形が似ています。色をもう少し濃くすればそっくり。

右は滑走路上に展示されていたもの。これは現役のようで、ロープから中には入れませんでした。


 

−−−− 基地周辺を周回 −−−−

 

鳥も歓迎してくれているのか、それとも珍客の来襲に驚いているのか、
飛行船の周りを飛び交っています(写真左)

ヘリに誘導されるかのように滑走路上空を飛行していきます。(写真右)

 
今度は後ろからヘリに追いかけられています。あ、抜かれた!


当日は好天に恵まれて大勢の人が見に来ていました。

困ったことに、接近戦の写真がほとんど逆光になっています。
これは低空飛行したり着地した芝生がすべて南側だったためです。


滑走路(今はヘリの発着のみのようですが)におかれたヘリコプターを見ながら飛行船の見物が出来ました。


滑走路脇の広大な芝生。
遠くに見える白いものあたりが着陸ポイントと思われます。

カーキ色のヘリ、ジーンズ姿の市民、ハイテクの飛行船。何とも不思議な取り合わせの空間です。


 


こんなに大きいのに人間が乗る部分は下に飛び出しているキャビンだけ。なんだかもったいない気がします。

安全性は抜群のようで、ガスは不燃性&無害なヘリウムガスを使っているとか。
万が一本体に30cmの穴が空いてもガスが抜けきるまでに8時間かかるそうです。
いいかえると、最初にガスを充填させるのにもけっこうな時間がかかるということですね。

ところで、推進用エンジンの燃料はなんでしょう?パンフには記載がありません。

着陸用の足は出っぱなしのようで、先端部を引っ張るロープのようなものもぶらんとした状態です。
こんなんで100kmも出して大丈夫なんでしょうかね?

お尻のところを見ると、横向きにもプロペラがついています。これは方向転換用と思われます。

3枚の尾翼は120度の角度でついていて、プロペラ等はありません。

 

 

飛行船を下から見たところ。

 

鮫みたいでちょっと怖くも感じますが、
前足が短いところなんかはオオサンショウウオみたいな雰囲気も持っていてかわいいです。


管制塔と目視でやりとり・・・に見えるだけで、実際はかなり距離があります。


 
−−−− カレーフェア −−−−

 

滑走路上ではカレーフェアが開催され、「ツェッペリンカレー」が大人気でした。

あとで聞いたら100円だったそうで、しかも売上金は前日の歓迎イベントの分も合わせ、
新潟中越地震の義捐金に充てられるそうです。

ほとんどのお客さんは飛行船には目もくれずにカレーのほうばかり見ています(^^;
飛行船は腹が減ってきたのか、のぼりのすぐ上を通過していきました。


 

−−−− 着地の瞬間 −−−−

 
さていよいよ着地です。

正面から見た姿もユニーク。ETの目みたいです。

 
"前足"の部分には姿勢制御用のプロペラがついています。
この状態では上向きです。

高速シャッターを切っているため、右の写真ではプロペラが止まって見えますが、実際は回っています。
なんだかVサインを出してるみたいですね(^^;

着地寸前なので前に人の頭が写っていまいました。これでも手を目一杯伸ばして撮ったんです。

 

だんだん降りてきました。もう少しで着地です。

機体を横向きに変えてこちら側からよく見えるようにしてくれました。
サービス良いですね〜・・・と思ったら、広告面を見せないといけないわけですね(^^;


もうちょい!


ついに着地! 前輪だけで"立って"いる状態です。

斜めから見ているせいもありますが、これで75mもの長さがあるようには見えません。
実際、現地で横から見てもそれほど大きく感じません。降り立った場所が広大な芝生だからでしょう。

 
ありゃ、もう行っちゃうの〜〜。着いたばかりなのにぃ・・・着地はほんの一瞬でした。


さようなら、ツェッペリンNT号・・と手を振る人あり。
って、日除けで手をかざしただけだったのか・・・

  
後ろ姿は映画で見たアポロ13号と雰囲気が似ています。
時速120kmも出せるんですから、推進用のプロペラもそこそこ大きいんでしょうけど、
遠景ではほんのちょびっと。なんだか豚のしっぽみたいに見えてしまいます(^^;


これが一番近くで撮った写真です。10人くらい乗っていたのが確認できました。

飛行船は音もなく飛んでいるように錯覚しますが、
実際には推進用のエンジン音とプロペラ部分の風切り音が聞こえます。
ただ、うるさい印象はなく、ブーンという心地よい?響きの音です。(毎日聞いたら分かりませんが(^^;)


一瞬とは言え、着地したのを見た観客は満足げに帰りはじめました。
もっとも、この程度の人数でがらがらになるほどではありません。
それほど施設内は多くの人でにぎわっていました。

--------------------------------------------------------------

 


JR土浦駅では愛地球博のマスコットが歓迎してくれました。

 

モリゾー(左)とキッコロ(右)です。

愛・地球博もよろしく(^^)/

 

SH工房TOPへ